Browse By

高齢で開始する不妊治療のやりかた

近年の不妊治療は昔に比べると技術が向上しているので、40歳という高齢でも妊娠することができます。ただし、高齢の不妊治療は早い決断を下さないといけない状況下にあります。一番簡単なタイミング法を行う際、若い世代でしたら半年から一年様子を見ながら行いますが、35歳以上でしたら3か月程度で見切りをつけて、人工授精を3か月、最終段階として体外受精を早い段階で行わないと間に合わないです。若い世代のように、いつまでも良質な卵子と精子を作り出すことができないので、1つの治療がだめだったら、次は体外受精等の高度治療に移るという早い決断を求められます。あまりにも早いスピードで進んでいくので、少々戸惑うことがありますが、早い段階で体外受精や顕微授精といった高度治療に移行をすることで妊娠率が高くなってくるのは事実です。

高齢の人が悩む不妊の症状は老化が原因とされている

この頃テレビ番組でも雑誌でも取り上げられているのが、高齢の人の不妊です。今や男女共に、20代で結婚する人が段々少なくなってきており、30代や40代で結婚する人も珍しくありません。そんな中、悩みの種になるのがこの問題です。高齢の人の不妊は何故起こるのかと言えば、精子や卵子が年齢と共に老化しているから、という説が一般的です。つまり、若年者よりも老化しているために、結果として子どもを授かることができないという現象が体内では起こっています。しかし、一昔前よりも医療が抜群に良くなってきているため、高齢の人のための不妊治療や外来治療、薬の治療などが効果を発揮しています。もちろん、どのような治療にも相性があるため、必ず子どもを授かるわけではありませんし、何の治療もせずに自然に子どもを授かるのを待つのも当然一つの考えですから、夫婦でよく話し合って決めていくのが一番です。

高齢による不妊の減少は老化に基づく衰えが原因

夫婦にとって子どもは何にとっても代え難い、とても大切な存在です。しかしながら、子どもを授かりたくても授かれない夫婦もおり、これが社会問題化しています。現在、若い内に結婚する人がどんどん減ってきており、自動的に子どもを産む女性の年齢層も年々高齢化してきています。しかしその分、卵子や生殖器が老化し、上手く機能しないことがあります。もちろん、これは女性に限ったことではなく、男性にも該当します。だからこそ、高齢が原因で起こる不妊に関する情報やニュース、どのような治療があるのかなどがインターネットを通して見ても、すぐに情報を手に入れられるまでになっています。当然、全ての人が病院で行われる治療により子どもを授かれるのかといえばそうではありません。焦りも良くありませんから、自然と授かるのを待つのも良し、じっくり余裕を持って治療に専念するのも良しです。