Browse By

高齢による不妊はどうしたらいいのか

高齢によって不妊となる場合は、よくあることです。しかし、それでも子どもが欲しいのなら、婦人科に通うことをお勧めします。もちろん、不妊治療に長けている婦人科を選びます。高齢でも治療を行うことで妊娠できる場合もあるからです。ただし、リスクは高くなります。体力的に大変です。また、周囲の理解も必要になります。すぐに妊娠できても今後は育児が続きます。周囲の協力なくしては育児期間の方が大変です。先々のことも考えた上で治療を受けることをお勧めします。また、ずるずると治療に通うのもよくありません。お金もかかるからです。ある程度の年齢を目標とすることをお勧めします。高齢出産は35歳からですが、最近は晩婚化が進んでいます。40代で結婚刷る人も少なくありません。それから妊娠ということもあります。不妊を回避するためには早めに結婚することも大切です。

高齢の不妊は奥さんだけ頑張ってはいけない

高齢の不妊問題は年々深刻化しています。特に治療を行う上で最も負担がかかっているのは女性側です。タイミング法から人工授精に、体外受精または顕微授精を行う際でも奥さんがクリニック等で内診を受診して、治療を受けるのですが心身ともに負担がかかっています。さらに高齢になりますと治療がたった一度で終わることなく、何度も繰り返し行うケースが多々あり、過度の治療で奥さんの体が疲れ切ることも珍しくないです。奥さんだけ頑張るのではなく、旦那さん側も良質な精子をつくりだす為に禁酒禁煙を徹底したり、精子に良いと言われているミネラルやマカ等のサプリメントを摂取するなどの努力や一人で頑張っている奥さんに対し、労いの言葉をかけて揚げることも大事です。高齢の不妊治療は奥さんがたった一人頑張っても成功できないので、夫婦二人三脚体制で挑むことです。

高齢になると不妊のリスクが高まります

最近は晩婚化が進んでいます。女性もいどんどん社会で活躍するようになり、昔のようにすぐ結婚して家庭に入る女性が少なくなってきています。女性も仕事を持ち、頑張って働いてキャリアを持つことはとても良いことです。ですが、結婚と出産のことも考えなければいけません。将来子どもが欲しいなら、高齢出産になると不妊リスクが高くなります。不妊の治療は費用も高いですし、精神的にもとても負担が大きいです。治療のために仕事を辞める選択肢をする女性もたくさんいます。だから高齢になる前に、結婚と出産のことをきちんと考えましょう。20代のうちに一人目を妊娠できれば、体力的にも育児が楽です。産後の回復も30代よりも20代の方が早いです。自分の体のためにも、早めの出産を考えましょう。パートナーときちんと話し合うことも大切です。