Browse By

高齢出産のための不妊治療を受けること

結婚年齢が上がってきています。そこには様々な社会背景があるので、簡単に解決をさせることはできません。女性の場合には出産適齢期もあります。一般的に35歳を過ぎて妊娠を希望するともなると、高齢出産になってしまいます。また不妊に悩んでしまうという可能性もあります。年齢が高くなるとそれだけ妊娠しにくくなってしまいます。今は不妊治療専門のクリニックもあるので、通ってみるのもよいかもしれません。少し前まで保険適用外だったので、高額の費用が必要となることがありました。しかし最近ではその制度も見直されるようになっており、補助金が出るようなところもあります。子どもが欲しくても中々授かることが出来ないという夫婦は年々増加をしていると言われています。サポート体制もしっかりと整えなければいけないということもあるようです。

女性が高齢になると不妊になりやすい理由

女性は高齢になればなるほど妊娠率が低下します。不妊の原因は卵子も老化することです。人間の体は加齢とともに老化しますが、内臓も同じように若い頃と比べると機能が低下します。女性の生殖機能を司っている卵子は35歳から老化が始まります。卵子が老化すると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減り、受精しにくくなったり受精しても着床しなかったりします。女性は生理周期に合わせて受精しなかった卵子を排出して、妊娠に備えるために新しい卵子を生成します。しかし卵子の老化は生理周期まで遅らせるので、排卵が行われにくくなります。排卵が不完全だと妊娠しても流産のリスクが高くなり、女性は心身ともに苦痛を感じます。子宮筋腫や子宮内膜症などの病気は女性ホルモンに関係しており、30代~40代の女性は発症しやすいです。高齢になると子宮の病気になって妊娠を諦めるケースも多いです。

高齢で不妊治療に成功する方法とは

35歳から40歳までに妊娠出産を叶えたいと考えている女性は、高齢不妊の問題をしっかりと捉えて、一日でも早く妊娠ができるような対策をとっていかないといけないです。まず、子宮環境と卵巣環境を向上していかないと良質な卵子を作ることができないですし、受精卵を着床させることができないです。クリニックに任せきりの不妊治療にせずに、日ごろからサプリメントを摂取したり、ヨガやウォーキング等で体を動かしたり、クリニックではできない冷え対策や卵巣環境を良くするようなカイロプラクティックや鍼灸を取り入れることで体環境を向上していくことができます。小さな努力の積み重ねによって、高齢でも妊娠率を上げていくことができます。そして大事なことは、自分は絶対に赤ちゃんを授かることができると言う希望を捨てずに前向きに治療に取り組むことです。