オーストラリアへのワーキングホリデーの魅力

オーストラリアにワーキングホリデーに行きたい人必見の情報です

オーストラリアにワーキングホリデーに行く方法や手順の解説

近年では、ワーキングホリデーで渡航先に選ばれるのはオーストラリアが人気となっています。ワーキングホリデーとは、二国間での取り決めに基づいて生活様式や文化、語学などを相互に理解するための機会を提供されるというものです。一定期間の休暇を過ごすための活動とその間の滞在費用を補うために、就労を相互に認めるというものです。オーストラリアといえば、真っ青なビーチを思い浮かべる人も多いです。オーストラリアは、世界でも6番目に面積が大きく、雄大な自然を満喫することができます。ワーキングホリデービザが必要になりますので、行きたい都市が決まったら、まずは申請の手続きをしましょう。ワーキングホリデービザは、取得後1年以内に渡航すればいいので、渡航の予定の目安がある程度立ち、パスポートの取得が終わったら、申請を行うことをお勧めします。申請はオンラインで、申請フォームを記入した後、440ドルの申請費用を支払うだけなので簡単にできます。

事前に語学学校を決めておくと便利

オーストラリアでのワーキングホリデーを充実したものにしたいなら、語学力が欠かせません。語学力をつけるには、まずは語学学校で英語を身に付けることが重要になってきます。そこで、出発前に語学学校を決め、事前に申し込みを済ませておくと時間を無駄にせず効率的にワーキングホリデーをスタートさせることができます。ワーキングホリデーを、語学学校を中心にスタートさせることで、学校があらかじめ滞在先の手配もしてくれ、日本を出発する前に、渡航先で最初に住む場所が確保できるので安心して出発することができます。特に、英語に自信のない人は、現地に到着してすぐに滞在先を探すのはとても大変なので語学学校をあらかじめ決めておくといいでしょう。また、滞在先が決まっていると、到着後すぐに、現地の生活にも慣れることができてとても便利です。語学学校に通うと現地の先輩とも友達になることができ、彼らから現地の情報を教えてもらえるのでお勧めです。

現地の生活に慣れてきたら銀行口座を開設し、就労の準備

ワーキングホリデービザには、就労時間の規則はなく、最長で6ヶ月間の就労が可能で、そのあと別の雇用主の下で最長6ヶ月の期間、仕事をすることも可能になります。そこで、現地の生活に慣れてきたら、就労の準備をしていきましょう。仕事を探す前に、まず銀行口座を開設する必要があります。オーストラリアの主要な銀行は、オーストラリアニュージーランド銀行(ANZ Bank)、コモンウエルス銀行(Commonwealth Bank)、ウェストパック銀行(Westpac Bank)、ナショナルオーストラリア銀行(National Australia Bank)の4つです。銀行口座の開設はオーストラリアに入国後、できるだけ6週間以内にすることをお勧めします。6週間の期間を過ぎてから銀行口座を開設すると、パスポートの他にも様々な身分証明書が必要になってきて大変だからです。